ボトックスによる副作用

医師

多くの美容外科ではボトックスを使用した治療を行なっていますが、美容外科ではボトックスを使用する前に患者さんにカウンセリングとボトックスの副作用について説明します。ボトックスは様々なメリットがあるということで、多くの人が注目しています。ですが、人によっては効果が効き過ぎて逆効果になることがあります。ボトックスは顔の筋肉の動きを抑えることができますが、それが強すぎると顔の筋肉が麻痺する恐れがあるのです。そうなってしまうと、顔の皮膚を支えることができなくなってしまい、たるんでしまうでしょう。そのようなことが起きないように、美容外科ではお客さんの顔質について細かく検査を行なって、その人に最適な治療を提案したり、適切な量のボトックスを注射したりします。小顔になりたいからといって、すぐにボトックス治療を始めるような美容外科では、失敗する恐れがあるので必ず様々な検査を行なう美容外科を選びましょう。検査をすることでこの治療を行なっても大丈夫なのか知ることができますし、検査の結果で他の治療のほうが安全に治療することができるなどを知ることができます。またカウンセリングを行なうことで、お客さんがどのような顔にしたいのかという要望を聞くことができます。また治療について詳しく知らない人に対して分かりやすく説明することができます。そのような取り組みをしている美容外科ならば、薬による副作用が起こることはないはずです。副作用が気になるという人は、最初はできるだけ少ない量のボトックスを注射するようにしましょう。少量ならば副作用が起きることもありませんし、注射した後に医師による検査を行なえばこのまま治療をして良いのか判断することができるでしょう。それ以外には、厚生労働省が安全だと認めたボトックスがあるので、それを使用している美容外科ならば問題はないはずです。ボトックスに限らず、効果の高い薬には様々な副作用があるので予め把握しておくと良いでしょう。最近では簡単にできるプチ整形がありますが、万が一のことがありますので治療を受ける時は全て医師任せではなく、ボトックスの効果や副作用について調べるようにしてください。医師ともカウンセリングの時に気になることを聞いて、安全で確実な治療をすることができるのか確認しましょう。また、美容外科が患者さんのために、様々なサービスや取り組みをしているのかも調べておけば大丈夫です。