メリットとデメリット

フェイス

ボトックスにはデメリットとメリットがあるので、その両方を知っていれば自分にどのような治療をすれば、希望通りの小顔にすることができるのか知ることができるはずです。デメリットとして挙げられることは効果がずっと続くという訳ではないということです。エラ削りは一度の治療で小顔にすることができますが、ボトックス治療は何度か美容外科に通って定期的にボトックスを注射する必要があります。ですが、何回も治療をするということは、途中で治療を辞めることができるということです。ずっと持続するものであった場合は、途中で違う顔にすることができないということです。人によっては、他の顔にするために、他の治療を行なう人もいるでしょう。この治療ならば途中で変更することもできます。また、この治療は注射をうつだけでいいのでその分治療にかかる費用は安いです。ですから、何度治療をしても経済的には、そこまで大きな負担がかかる訳ではないということで気にしない人も多いです。このボトックスの持続する時間は異なっていて、半年で効果が切れる人もいれば1年以上効果が持続する人がいます。また何回も治療を行なう度に、効果が続く期間が伸びていきます。それだけではなく、定期的に治療を受ければその効果を長い間維持することができるということで、この治療を受けた人の多くが半年に一回のペースで治療を受けています。ボトックスのメリットはいくつかあって、治療時間が短いや様々な効果があるということです。他には治療した跡は残らないので、メイクで隠す心配はありません。この治療ではデメリットよりも、メリットが多いですが常に成功するということではありません。ボトックス治療を行なう医師によって、小顔治療が成功するかどうか変わってくるのです。使用するボトックスの量や、注射する箇所を間違ってしまうと見た目が不自然になったり、顔が引きつったりしてしまうので注意してください。このようなことがありますから、美容外科選びは慎重に行なってください。美容外科のホームページに今までの症例などがあれば、その医師の技術を確認することができるのでそれを参考にするようにしてください。