ボトックスの効果

下着姿の女性

美容外科で使用されているボトックスという成分は、ボツリヌス毒素という成分から取り出したものです。このボツリヌス毒素は非常に強い毒を持っているのですが、治療用に毒性が取り除かれているため、ボトックスを使用しても問題はありません。毒性のないボトックスは、美容外科以外にも様々な医療分野で使用されていますから、安全性は確実ということで美容外科でも取り入れているのです。ボトックスに含まれている成分には、顔の筋肉の動きを抑えることができる働きを持っています。エラが張ってくるのは筋肉の発達によって起こることなので、顔の筋肉の動きを抑えることができればエラを削ることなく治療をすることができるのです。この治療はボトックスが含まれている薬剤を、注射するだけで終わりです。メスを使用してエラを削ることがないため、手術をする必要もないので患者さんに負担がかかるような治療をせずに、小顔治療を行なうことができるのです。それだけではなく、手術をしないので手術跡が残ることもありません。ボトックス治療はエラを削る治療のようにすぐ効果が出ることはありませんが、その分少しずつ小顔にすることができます。小顔治療をしたいけども、周りに気づかれないように治療をしたいという人は、削るよりもボトックスを使用する治療をおすすめします。この治療はあくまで一時的に、ボトックスの効果で顔の筋肉の動きを抑えているだけなので、ずっと効果を維持することができる訳ではないので気をつけてください。ですが、効果が切れた後に再度治療を行なえば、また動きを抑制することができるのです。また何度も治療を行なうことで、効果を持続することができます。小顔治療に最適なボトックスには、他にも様々な効果があるのです。それはシワを取ったり、多汗症を抑えることができます。シワは顔の表情筋が激しく動くことによって生じるものですから、顔の動きを抑えることができれば、表情筋が激しく動くこともなくシワの発生を抑えることができるでしょう。汗も汗を出すための汗腺が活発になることが原因なので、これも抑制することができるので一度にいろいろな問題を解決することができるのです。このような効果があることから、多くの美容外科ではこのボトックスを取り入れています。